こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂が臭うと気にしている方は少なくありません。キレイに掃除しているはずなのになぜか臭ったり、天候によって臭いがきつくなる気がすることもあります。臭いが気になったときに、すぐ除去できる方法をご紹介したいと思います。

 

風呂排水溝の臭いの原因

夜お風呂に入ったときには気にならなかったのに、朝起きた時に臭いが気になる、数日不在にしていて帰ってきたときに臭う気がする…というケースは少なくありません。お風呂場の臭いの元は主に排水溝とカビ汚れです。特に排水溝からする下水の臭いは気になりますね。

排水溝はお風呂の汚れが一カ所に集まるところ。石鹸カスや髪の毛、皮脂など日々の汚れが集中するところなので、どうしても臭いやすくなります。また、高温多湿の浴室内は雑菌やカビがいっぱいです。

まずは排水トラップのはまり具合を確認!

汚れ以前の問題として、排水トラップがしっかりはまっていないために悪臭が上がってきていることがあります。排水トラップは、下水道の悪臭やガスが浴室内に逆流するのを防ぐものです。これがゆるんで外れかけていると、下水の臭いが上がってきてしまいます。どうも異臭がすると感じたら、まずはここがしっかりはまっているか確認しましょう。

まずはぬめりをしっかり取る

排水口に赤やグレーのヌルヌルが付いていることがあります。これは、さまざまな汚れをエサにして雑菌が繁殖してできる膜です。放置して腐敗すれば悪臭を放つようになります。

ぬめった排水溝を一発で掃除できるのは、市販の排水溝(パイプ)クリーナーです。汚れに付着しやすい液体タイプや泡出つ錠剤タイプなどがあります。主な成分は髪の毛やたんぱく質汚れを溶かす次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)と水酸化ナトリウムです。

洗剤を排水溝に回しかけて数分置き、水で流せばきれいに汚れが落ちます。とにかくすぐきれいにしたい!というときはこの洗剤を使うとよいでしょう。すすぐときにスポンジで軽くこすればヌルヌル汚れがつるっと取れます。

さらに強力に臭いを元から絶ちたいときは、パイプクリーナーを浴槽の栓のところと排水溝の両方に注ぎ、お湯を回しかけて1時間程度待ちます。その後、シャワーの勢いを最大にして一気に流します。お風呂のお湯を少し張っておいて一気に流してもいいでしょう。剥がれた汚れが水圧で一気に流れてくれます。臭いもすっきりです。

排水トラップの掃除も忘れずに

排水トラップには水が溜まっていて臭いが逆流しない仕組みになっています。しかし、髪の毛詰まりなどで水の量が十分でないと臭いが上がってきてしまいます。排水トラップは形状的に汚れやヌルヌルが溜まりやすくなっているのが難点です。一週間に一度は汚れをチェック&掃除しておくことをおすすめします。

定期的に高圧洗浄がおすすめ

臭いがどうしても取れない場合は、クリーニング業者に依頼して高圧洗浄をかけてもらうという方法もあります。素人では手が届かないパイプの奥まで掃除してもらえます。

 

おわりに

排水溝がどうも臭うと思ったら、まずは排水トラップのゆるみをチェック。さらに掃除を行います。浴室の汚れもお湯もすべてが流れて集まる排水溝をいかにきれいにしておくかは、お風呂掃除の重要ポイントといえます。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。