こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂掃除が好きな人でも、なかなか厄介だなと感じるのが鏡。汚れをやっと落としたと思ったら、すぐにまた汚れてがっかり・・・という人も多いのではないかと思います。どうすれば、きれいな状態を長くキープすることができるのでしょうか。

 

お風呂の鏡の汚れは水垢が原因

ふと気がつくとついている「うろこ状の汚れ」。これは第一に水垢が原因です。水道水にはカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が含まれています。これが乾いたときにガラス面に残ってしまうのがうろこ汚れの原因です。これに加えて石鹸やシャンプーなども飛び散ることで、ガラス面に汚れがどんどん溜まってしまうのです。

 

水垢の汚れ落としにおすすめな方法

お風呂のガラスについた水垢は、一般の洗剤やメラミンスポンジなどでは落ちません。うろこ汚れをきれいに落とす方法はいくつかあります。

1.クレンザーなど研磨剤で磨く
ついたばかりの新しい水垢ならクレンザーで軽くこすると落ちます。ただし、鏡面に傷がつくこともあるので、必ず少し試してから使うようにしてください。磨き粉としてよく使われる重曹はアルカリ性なので、同じアルカリ性の汚れである水垢には効きませんからご注意を。

2.酸性洗剤で磨く
水垢汚れはアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤を使って落とすことができます。市販の洗剤でもよいですし、軽い汚れならクエン酸スプレーも効果的です。

3.ダイヤモンドパッドで磨く
頑固なうろこ汚れによく効くのがこちらです。水で濡らしてこすっていくだけで驚くほどよく落ちます。ただし、注意点が2つあります。まず、削る力が強いのでゴシゴシ力を入れてこすらないこと、コーティング加工がしてある鏡には使わないことです。

 

お風呂上がりに水分を拭く

ダイヤモンドパッドなどで鏡の表面をきれいにするだけで、そもそも水滴がつきにくくなりますが、鏡をいつまでもきれいにキープしておきたいなら、さらにお風呂上がりにタオルで水気を拭き取っておくことをおすすめします。水垢は水が乾くときに水の成分の一部が残ってしまうものなので、水気をきれいに拭いてしまえばできません。ガラス掃除をしたあとは、日々水気を残さないように注意するだけで、掃除の効果が長持ちします。

 

くもり止めできれい長持ち

水滴をつきにくくし、入浴中のくもりも抑えたい場合には、鏡用のくもり止めを使うという方法もあります。鏡がくもってしまうのは、水蒸気が鏡に付いて光が乱反射するからです。くもり止めは薄い水の膜を鏡に作って乱反射を防ぎます。塗るリキッドタイプや貼るシートタイプの市販製品があります。時間が経つと効果が薄れてきますので、定期的に掃除→くもり止めという手順を繰り返すことで、いつまでもピカピカの鏡をキープすることができます。

 

おわりに

いつもピカピカな鏡を見ていると、嬉しくなって気持ちが明るくなります。ポイントは、いかにきれいな状態を維持するかです。掃除のコツをうまくおさえ、市販製品も上手に使って、いつもピカピカの鏡をキープしてくださいね。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。