こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂掃除の悩みの一つに、鏡の汚れがありますよね。シャンプーやリンス、体を洗う際にお湯や石鹸が飛び、そのままにしておいたらいつの間にかガラスに汚いうろこ汚れがたくさんついて取れなくなったという経験は、きっとどなたでも一度は経験があることだと思います。今回は、この汚れの落とし方を知っておきましょう。

 

うろこ汚れの原因は、水の成分

うろこ汚れを落とすには、まず原因を知っておきましょう。白いうろこのような汚れは、カルシウムやマグネシウムなど水に含まれている成分が、水が蒸発して乾いたあとに白い化合物となって残ったものです。水を使う以上どうしても生じる汚れなので、うまく対処して溜めないようにしたいですね。

「酢」で落とす

水アカは水に含まれる金属成分が原因でアルカリ性の汚れです。ですから、酸性のもので中和すると落とすことができます。まずは酢。あまり布に酢を含ませて鏡を拭き取ります。酢スプレーを作って吹きかけてもOK。ちょっと酢の臭いがキツイかもしれませんが、しばらく経つと汚れが落ちてきますので水拭きします。しつこい汚れには、酢ラップを。酢を浸した布を鏡に貼ってラップで覆い、数時間置きます。

「クエン酸」で落とす

酢と同じように酸性のクエン酸でもうろこ汚れを落とすことができます。ドラッグストアでパウダー状のクエン酸を買い、クエン酸水を作ってスプレーします。ぬるま湯500mlに対し、クエン酸大さじ1程度をよく溶かしたものを鏡に吹きかけ、汚れが落ちてきたら水拭きします。しつこい汚れには、しつこい汚れには、酢ラップと同じようにクエン酸ラップをしてみてください。

「専用クリーナー」で落とす

鏡の水垢専用のクリーナーが市販されています。鏡や陶器専用のクリーナーで、100円ショップでも販売されています。人工ダイヤモンドを使用したザラザラしたクリーナー面に水をつけてそっとこすると、うろこ汚れがきれいに落ちていきます。力を入れ過ぎると傷になるので、くれぐれも優しく磨いて下さい。

歯磨き粉や重曹は?

うろこ汚れはこすれば落ちると、研磨剤入り歯磨き粉や重曹を使った掃除方法もありますが、注意してください。確かに磨けばある程度落ちますが、強い力で無理にこすると鏡に傷がついてしまいます。こするよりも、中和して汚れを浮かして取るほうがやはり安全な方法でしょう。

NHKで紹介されていた方法をご紹介

NHKの「あさイチスゴ技Q」でも、次のような方法が紹介されていました。
1.耐水ペーパーを使い、うろこ汚れをそっとこすり落とす。
2.液状のりを鏡に薄く塗り、霧吹きで水をかける。
3.キッチンペーパーなどで余分な水分を拭き取る。
この方法でいったん掃除しておくと、鏡が曇りにくくなり、掃除のときも汚れがのりと一体になって落ちるので楽にきれいになるそうです。

 

おわりに

ユニットバス掃除のポイントは、入浴したら浴室がまだ温かく湿っているうちに、その日の汚れを落としてしまうことと、よく乾燥させることです。汚れ落としには、主に酸性の洗剤を使うのがポイント。汚れの性質を知って、テキパキ掃除をしましょう。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。