こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。一日の疲れを取るバスタイム。きれいなお風呂にゆっくり浸かれるだけでも、ずいぶん気持ちがリラックスしますよね。でも、気がつけばカビが生えている!ということが多く、掃除の大変な場所でもあります。カビのないきれいなお風呂を維持するには、どんなコツがあるのでしょうか。

 

カビが生えるメカニズムを知る

そもそも、カビはなぜできるのでしょう。そのメカニズムをしれば効率的な対処ができます。カビが生えるのは、4つの条件が揃ったとき、つまり温度と湿度(60%以上)、汚れと酸素があるところにできるといわれています。これはまさにお風呂場ですから、カビが生えやすいのも頷けます。逆にいえば酸素以外の原因を意識して取り除くことで、カビを予防できるということになります。

黒カビはキッチリ塩素系漂白剤で落とす

すでにできてしまったカビは専用の塩素系漂白剤で落とすしかありません。黒カビは目地やパッキン部分などに入り込んでしまうと、もう一般の洗剤では落としきれません。ジェル状のものを選ぶとカビ部分に密着してよく落ちます。換気を良くし、薬剤をスプレーしたまま放置しないようにしましょう。

乾燥している時間を長くする

お風呂は使えば湿度が高くなりますが、これがカビのもと。予防するには、使用したら浴室内をよく乾燥させておくことです。換気扇は24時間回しっぱなしにしておきましょう。できれば、掃除したあとに壁などをタオルで拭いておくと湿度が下がるのが早くなります。冬場部屋が乾燥する時期には、入浴したらドアを開けておくのもよい方法です。

乾燥させるコツは、水がたまりやすいところを意識して水をよく払っておくことです。ボディタオルはよく絞って、シャンプーボトルなどは床に直接置かないようにするとよいでしょう。桶などは逆さにして水を切っておきましょう。椅子も床に置きっぱなしにするとカビが生えてきてしまいます。

その日の汚れはその日のうちに除去

カビの栄養となる皮脂や石鹸カス、髪の毛などは入浴後にしっかり取り除いておきます。入浴したらお風呂の床をさっとお湯で流し、排水溝にはネットをしておいてすぐに交換できるようにしておくのもおすすめです。床掃除のコツは、パッキンなどカビが生えやすい場所の汚れを重点的に落とすことです。乾いてしまうと汚れが取れにくくなるので、入浴してまだ温かいときに掃除するようにします。

入浴したら、水を撒いてお風呂場の温度を下げる

20℃以上の温かさがあるとカビが生える好条件になってしまいます。入浴すれば温度は上がってしまうので出るときに水を撒いておきましょう。お風呂掃除は汚れが浮遊している入浴直後にするのがよいので湯垢取りなどのお風呂掃除をしてしまい、仕上げに水を一面に撒いておきましょう。お風呂場の温度が一気に下がりますので、カビのリスクを減らすことができます。

 

おわりに

カビ掃除で大事なのは、とにかくカビを作らないこと、できてしまったらすぐに除去することです。そのためには、毎日のちょっとした心がけが大事。すこしだけ気をつけることで、カビは防げます。上手に掃除して気持いいバスタイムを過ごしましょう。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。