こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂掃除で手がかかるのが、ゴムパッキンにできたカビ。悩まされている人も多いようです。ゴムパッキンのしつこい黒カビを上手に取り除く方法について、ご紹介します。

 

なぜゴムパッキンにできやすい?

お風呂場のドアについているゴムパッキンは、浴室の水が外に流れでないようにするために必要なもの。ですが、このパッキンにカビが生えやすいのが悩みです。ゴムは柔らかいので、少しでも傷がついているとそこにカビが入り込み、どんどん繁殖してしまいます。パッキンの奥まで入り込んでしまったカビは、カビ取り剤ではもう落とすことができません。

もちろん、水回りに使われているパッキンには抗菌剤が含まれています。しかし、防カビ効果も永久的ではありません。一般の使用で約2年といわれています。新築の頃はそうでもなかったのに、だんだん黒カビが目立つようになってきたというのは、抗菌剤の効き目が薄れているからです。

 

ゴシゴシこするのはNG

ゴムは柔らかく傷がつきやすいので、カビをこすって落とそうとすると、目に見えない傷をたくさんつけてしまいます。傷にカビの胞子が入り込んで頑固なカビに。それを無理に落とそうとしてこすることで、カビの胞子をさらに傷に埋め込むことになる…と悪循環に陥ります。「こすらずに落とす」のがカビ取りの基本と覚えてください。たわしなどは使わず、カビ取り剤をつけたら洗い流すだけにしておきましょう。

 

パッキン用がおすすめ

ゴムパッキンは面積も狭く、密着させにくいのが難点。そこで、ゴムパッキン用のカビ取り剤が市販されています。パッキン専用の特徴は、次の2点です。

・先が細くなっていて、狭いパッキン部分にもつけやすい
・ジェルタイプでパッキンに密着させやすく、カビを効率よく除去できる

一般的なカビ取り剤ももちろん使えますが、パッキンに使用するときは密着させる工夫が必要です。おすすめはキッチンペーパーをしいて洗剤を浸し、その上からラップをする方法。洗剤がしっかり浸透して、はがした後はピカピカになっています。

 

テレビで放送された画期的な方法

NHKの番組で熱湯を使った方法が紹介されていました。「50℃の熱湯を1分半カビにかける」というものです。パッキンに入り込んだカビも、実は1mm以内の深さにいるので、1mmまで熱を伝えられれば死滅させることができるのですが、「50℃を1分半」でこれが可能になるのだそうです。しつこい黒カビに悩んでいる人は、一度試してみるとよいのではないでしょうか。温度が高すぎるとゴムを傷めますし、やけどのおそれもありますので、くれぐれもお湯の温度には気をつけて行いましょう。

 

カビ取り剤は「除菌+漂白」をしている

市販のカビ取り剤には、実は漂白剤が入っているのをご存知ですか?カビを除去しても黒ずみは残ってしまうので、それもきれいにしているのです。もし、市販のカビ取り剤を使っても黒いポツポツが残るようなら、かなり根の深いカビです。何度カビ取りをしても消えないようなら、白い目地剤で上から塗っていくしかありません。

 

おわりに

ゴムパッキンの黒カビは、早く見つけてさっと除去するのがポイント。時間が経つとどんどん採れなくなっていきます。見つけたら、さっと洗剤を一拭きして流す。これをまめに繰り返して、きれいな浴室をキープしてくださいね。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。