こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。毎日見えるところはきっちり掃除しているけれど、お風呂場には手が届かない汚れもあります。風呂釜の奥の汚れはそ一つ。通常の掃除道具ではきれいにできないので歯がゆい思いをしている人もいるのではないかと思います。きれいに掃除するにはどうすればよいのでしょうか。

 

お風呂の奥はどうなっている?

見えないお風呂の奥は、一体どうなっているのでしょうか?お風呂場の中から見ることができないのは、給湯器からバスタブまでを繋ぐ配管部分です。特にマンションでは配管が長いので、汚れも多くなります。マンションで採用されているのは強制循環タイプの配管で比較的汚れがつきにくいといわれていますが、完全につかないというわけではありません。

汚れで多いのは大腸菌群やブドウ球菌、レジオネラ菌などの雑菌です。配管は毎日掃除できないので、これらの細菌は配管に日々たまっている湯垢などを栄養として繁殖し、お湯が沸かされるときに配管からバスタブへと流れ出ていきます。お風呂を沸かす度に雑菌も出てきていると思うと気持ちが悪いですね。

では、お湯を沸かさなければよいのではないかと思いますが、逆に雑菌が数十倍〜数百倍に増殖してしまったというデータもあります。特に真夏は注意が必要で、使わないと雑菌が繁殖しやすくなります。しかし、使えばそれだけ汚れるので、古いお風呂になればなるほど雑菌も多くなります。

 

こういう入浴をしている人は要注意!

お風呂に雑菌が溜まりやすい入り方をしている人は注意が必要です。次のようなことに思い当たる人はいないでしょうか。複数当てはまる人は特に気をつけてください。

・入浴剤をたっぷり使う
・残り湯を洗濯に使うため、翌日まで取っておく
・翌日に前日のお湯を沸かし直すことがある
・毎日お風呂に入らず、シャワーで済ますことが多い
・追い炊きをすることが多い

 

ジャバなど市販の製品でできること

配管を掃除する洗剤として有名なのはジャバです。月に一回の使用で、配管の雑菌を99%除菌するという商品です。市販品なので手軽に自分で使うことができるのがメリットです。実際に試してみると、茶色い湯ドロがたくさん出てきて驚きます。ただし、注意点がいくつかあります。あくまで除菌で殺菌ではないことと、奥の汚れはどうしても除去しきれないということ、効果が長持ちしにくいという点です。市販品で誰でも使いやすくなっていますから、効果が小さくなるのはある意味仕方のないことです。日常的に汚れを溜めないための掃除の一つと考えて行う分には、役に立つ洗剤といえるでしょう。

 

オススメは定期的なプロの洗浄

ジャバで除去しきれない汚れを本格的に取りたいなら、手前味噌ですが専門業者によるクリーニングを受けることをオススメします。洗浄方法は業者ごとに異なり、高圧洗浄を行うところもあれば、専門の洗浄剤を使用するところもあります。多くの業者では風呂釜洗浄専用の機械を使用するので、ジャバなどでは取りきれない、長い配管の奥の汚れにも対応できるのがメリットです。

 

おわりに

風呂釜クリーニングは給湯器の種類やシステムに合わせて行わないと、思わぬ故障の原因になります。ジャバなど市販品を使用する際も、使用上の注意をよく読んで行わないとお風呂が壊れてしまうケースもあります。業者に依頼して行うクリーニングでもトラブルがないわけではないので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。