こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。毎日使う水回りは汚れが溜まる前に掃除するのが一番。でも、そうと分かっていてもなかなかできないのが現状です。今日は、できるだけ苦にならずに毎日キレイにできる掃除のコツをいくつかお教えしたいと思います。

 

掃除のタイミングは入浴後すぐ

お風呂掃除は、タイミングが大事です。オススメは入浴したすぐ後に行うこと。汚れが一番残っているときですし、浴室内が温まっていて汚れが落ちやすくなっているときでもあります。まずバスタブのお湯を抜いて、垢や入浴剤残りなどをこすり洗い。この汚れは、一晩経ってバスタブが乾いてしまうと取れにくくなります。

次に、小物や壁などもこすり洗いします。浴室床の目地などもしっかり洗い、ヌルヌル汚れをなくします。すべての箇所の汚れをお湯できれいに流したら、その後水で流し、浴室内の温度と湿度や早く下がるようにしておきます。温度と湿度が高いとカビの元になるからです。

 

赤い汚れにはエタノールをスプレー

お風呂場特有の汚れの一つに、赤いヌルヌル汚れがあります。床やバス小物につきますが、これはロドルトラという酵母菌が繁殖したもので、赤カビとも呼ばれています。人の体から出る垢や髪の毛を栄養にものすごいスピードで繁殖するので、数日であっという間にピンク色の汚れを一面に作ってしまいます。

これを防止するにはエタノールをスプレーするのが良い方法です。市販の消毒用エタノールをシュッと吹きかけてそのままにしておくだけ。流す必要はありません。

 

しつこい黒カビは塩素系漂白剤で

浴室の汚れで一番気になるのが黒カビでしょう。これは塩素系漂白剤を使って除去するしかありません。ゴムパッキンなどに入り込んでしまった場合は、専用のカビ取り剤も市販されているので利用しましょう。カビ取り剤は、カビにしっかり密着させることが重要なので、垂れにくいジェル状のものを選んだり、泡タイプはキッチンペーパーなどを敷いた上から塗布して薬液がカビの部分にしっかりとどまるようにするのがポイントです。

 

水垢は拭き取ることで防止

水垢を防止するには、水滴を残さないことが大事です。掃除をしたら水気を拭き取るようにしましょう。壁などはざっとでもいいですが、蛇口のステンレス部分などはしっかり水気を拭き取ることで、うろこのような水垢を防止することができます。水気を拭き取るだけでなので洗剤を使うこともありません。お風呂上がりのタオルなどでキュキュッと磨いておきましょう。

 

24時間換気で乾燥している状態を保つ

お風呂掃除の仕上げは、浴室内を乾燥させること。水回り汚れのほとんどはカビですから、湿気対策が掃除のコツになるのです。換気扇は回しっぱなしにして、できるだけ早く浴室内を乾燥させて、その状態を長く保つようにします。

 

おわりに

お風呂場掃除はなかなか面倒に感じますが、毎日5分でも継続的に掃除することで汚れの蓄積がかなり違ってきます。コツはお風呂上がりにササッと掃除して乾かすこと。濡れて汚れが落ちやすいときに掃除し、風通しをよくして乾燥した時間を長くするのがポイントです。

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。