こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。寒い日が続きますが、温かくてきれいなユニットバスのお風呂に入るととても気持ちがいいものです。でも、よく見るとカビや水垢がついていてガッカリすることがありませんか?ユニットバスのお掃除方法をおさらいしておきましょう。

 

悩みの鏡面うろこ汚れは酸性の洗剤で

ユニットバスには必ずついている鏡。必要なものではありますが、汚れが目立つので掃除に悩んでいる人も少なくありません。鏡面についたうろこ汚れの正体は、水道水の中に含まれているカルシウムなどのミネラル成分です。水分が乾いたときにミネラル成分が白く残ってしまうのです。これはアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使って落とします。

おすすめはクエン酸。サッとスプレーしてしばらく置くだけで、ツルッと鏡をきれいにしてくれます。また、とても便利なのが「ダイヤモンドクリーナー」という鏡野水垢取り専用のスポンジ。100円ショップでも販売されています。こびりついた白い水垢もそっとこするだけで驚くほどきれいにしてくれます。

 

きれいなお湯に入りたいなら、配管掃除をお忘れなく

ユニットバスそのものは汚れが付きにくい素材でできているので、普段の掃除はとても楽です。お湯から出るときにスポンジで垢汚れをさっと落とせば終了。何だ楽チンだと思う人もいるでしょう。

しかし、浴槽の本当の汚れは配管の中にあります。実は、配管は雑菌のすみか。大腸菌にブドウ球菌など、いろんな菌が住み着いていて、沸かしたお湯とともにドッと浴槽内に流れ込んできます。ここを掃除するには、市販のパイプクリーナーを使うのがおすすめです。一つ穴用と二つ穴用がありますから、間違えないように選んでください。

 

蛇口の水垢汚れには重曹を使おう

蛇口の金属部分も、お風呂場の中で汚れやすいところの一つ。いつも白っぽいものがついていて、何度掃除してもまたつくので気になります。この汚れは水垢で、鏡につくうろこ汚れと同じです。

鏡のうろこ汚れはなかなか頑固なのですが、蛇口の水垢はメラミンスポンジでもよく落ちます。汚れが付かないようにするには水滴を残さないことが大事なので、使った後は水滴をタオルで拭き取っておくクセをつけると、汚れがかなり減ります。

 

床のヌルヌル汚れは

床に生じるピンク色のぬめり。これは、皮脂などをエサにして増殖した酵母菌・ロドトルラです。とにかく繁殖力が強いのが特徴で、少しでも栄養が床にあると、あっというまに増えてしまいます。

酵母菌を退治する方法は、除菌です。スポンジでこすっても見た目は落ちるのですが、菌が残っているとまたすぐに元に戻ってしまうので、除菌をして根絶する必要があります。手軽でおすすめなのが、消毒用エタノール。床に振りかけて除菌し、しっかり乾燥させて増殖を防ぎます。

 

おわりに

ユニットバスはデザインも美しく、掃除がしやすい素材でできていますが、それでも日々の汚れは蓄積していきます。掃除のポイントは、汚れの性質を知って適した洗剤や掃除道具を使うこと。そして、どの汚れにも共通していえるのは、浴室をよく乾燥させることです。ちょっとしたコツで、ピカピカのユニットバスが手に入りますよ。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。