こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。毎日入るお風呂はできるだけきれいに保っておきたいものです。ゆったりお湯に浸かる浴槽も、汚れていなそうで実は結構汚れています。どこにどんな汚れがついていて、どう掃除すればいいいのか知っておきましょう。

 

浴槽の掃除

浴槽は傷が付きやすい素材でできていることが多いので、できるだけ柔らかいスポンジで洗います。ゴシゴシこすり洗いをしないためには、洗剤を使うことをおすすめします。市販のお風呂用洗剤はスプレーして数分放置するだけで汚れが浮き上がってくるので、後はお湯で洗い流すだけですみます。

重曹+お湯でペーストを作ってクレンザー代わりにする方法もあります。湯垢や石鹸かすなどは酸性の汚れなのでアルカリ性の重曹がよいですが、水道水のカルキ汚れはアルカリ性の汚れなので酸性の洗剤も必要です。両方を混ぜ合わせることで、アルカリ性と酸性と両方の汚れに対応できるようになります。洗うときはあくまで優しくそっとこすりましょう。

浴槽掃除のポイントは、お湯をはらった直後の温かいうちに掃除してしまうことです。時間が経つと湯垢や皮脂汚れがこびりついてしまうので気をつけてください。

 

配水管の掃除

いくら毎日きれいなお湯を沸かしても、配水管が汚れていると汚いお湯に入ることになってしまいます。配水管には雑菌がいっぱい。大腸菌やブドウ球菌、レジオネラ菌などは沸かし湯程度の温度では死滅しません。清掃には、ジャバのような市販のパイプクリーナーが手軽で便利です。本格的に掃除したい場合は、ハウスクリーニング業者に依頼して、専用洗剤を使った高圧洗浄などをしてもらうことも可能です。

 

排水溝の掃除

お湯を抜く排水溝も掃除します。パイプクリーナーを流し入れて数分経ったらお湯を流して洗浄します。白濁系の入浴剤など、入浴剤の種類によっては排水溝に汚れが溜まりやすいので注意して掃除します。

 

浴室小物と一緒に付け置き洗いも

浴槽掃除をするなら、ついでに小物やお風呂の蓋も洗ってしまいましょう。お風呂のお湯を張って、お風呂用の付け置き洗剤を溶かします。その中に風呂蓋や桶、椅子、石鹸ホルダーなどを全部入れて、所定の時間放置します。洗いにくい小物類も付け置きならとても簡単。きれいにすすげばピカピカです。

入浴後に手軽に掃除をしたいなら、お風呂の残り湯に1/2カップの重曹を溶かし、同じように小物類を一晩つけておきます。翌朝洗い流せばすっきりきれいに。これなら面倒くさがりの方でもさっと掃除ができるのでおすすめです。

 

エプロン内の掃除

バスタブのエプロン部分は貼ってある外し方通りに外して洗います。エプロン内はカビやぬめり、湯垢などがいっぱいです。まずは、エプロン裏のカビを除去し、次に床を掃除します。特に四隅に注意して掃除しましょう。奥まで手が入りにくいので、長い柄のモップやデッキブラシを使うと洗いやすくなります。こちらも難しいようなら専門業者に依頼することもできます。

 

おわりに

浴槽だけでもこんなに掃除をするところがあります。毎日行う必要はありませんが、数ヶ月に一度は定期的に大掃除をするとよいでしょう。見えない汚れも多いことに注意しておくとよいのではないでしょうか。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。