こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。浴室の汚れで嫌なものに鏡の汚れがあります。曇ってしまったり、うろこ状の汚れがこびりついてなかなか取れないという思いをしたことがある人はきっと多いことと思います。鏡のよごれについて、ついてしまった場合の掃除方法とつかないようにするためのお手入れ方法を知っておきましょう。

 

まずは原因を知ることから

うろこのように鏡の表面につくのは、水道水に含まれているミネラル分です。カルシウムやマグネシウムといった成分が入浴時に水滴として鏡につき、そのあと水分だけが蒸発して乾いたときに白く残ってしまうのです。

 

ついてしまったうろこ汚れは○○で落とす

掃除では、汚れの性質を知って合った洗剤を使う必要があります。酸性の汚れならアルカリ性の洗剤を、アルカリ性の汚れなら酸性の洗剤を使うことで中和作用が起こり、汚れがきれいに落ちるという仕組みです。

お風呂場の鏡につくうろこ汚れは水垢ですから、アルカリ性の汚れになります。これを落とすには酸性の洗剤が必要です。一般的なお風呂場クリーナーでは鏡のうろこ汚れは落ちません。

 

酸性の洗剤は「酢」または「クエン酸」

まずは酢を使った掃除方法です。市販の酢を適当な雑巾にしみ込ませて鏡をこすっていきます。落ちが悪い場合は、キッチンペーパーの上から酢をスプレーしてしばらく放置しておきましょう。それでも残るときはその上からラップをして密閉し、汚れと酢がしっかり混ざるようにします。

次にクエン酸を使った掃除方法です。クエン酸パウダーを購入し、クエン酸水を作ってスプレーします。ぬるま湯:酢=500ml:大さじ1が分量の目安です。落とし方は酢の場合と同じです。汚れが落ちにくい場合は、酢と同じようにキッチンペーパーやラップを使って密着させればよく落ちます。

 

クレンザー系は要注意

うろこ汚れはザラザラとこびりついているので、クレンザーのようなものでこすり落とせばいいのではないかと思いますが、それでは汚れは落ちても鏡本体を傷つけてしまいます。

ダイヤモンドパッドなど、うろこ汚れ専用のクリーナーもありますが、力をいれないでそっとこすらないと傷がつくケースもあります。こすって落とす場合は、様子を見ながら少しずつ試すようにしましょう。

 

つかないようにするお手入れ方法

鏡に汚れがつかないようにするには、使用後に水気をしっかり拭き取っておくことが重要です。水気が残っていると乾いたときに金属成分だけが残ってしまうからです。水垢を防止するには水分を残さないことが大事です。できればマイクロファイバーのような布で拭くと水気を早く吸い取れますし、汚れも落としてくれます。

また、掃除後にくもり止めを塗っておくのも効果的です。入浴時に曇らず汚れず、よい効果が期待できます。

 

おわりに

鏡のうろこ汚れもコツを抑えればきちんとお手入れができます。鏡の表面はとてもデリケートなのでこすらずに中和させて落とすのが一番です。最もよいのはうろこ汚れをつけないこと。湯上がり時には鏡をさっと一拭きしてから出ることを習慣にすれば、鏡の汚れはかなり少なくなるはずです。ぜひ、試してみてください。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。