こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。いつもきれいに掃除しているはずなのに、なぜかうっすらと出来てくる黒ずみ。いったい何が原因なのだろうと思う人もいるでしょう。特に気になるのが床に出てくる黒ずみです。一体何が原因で、どうすれば防げるのでしょうか。掃除のコツをお教えします。

 

浴槽に黒ずみが出るのはなぜ?

浴室内に発生する黒ずみは、いろいろな汚れが集積してできたものです。水垢はもちろんのこと、体の皮脂や、湯垢、石鹸カスなどが流しきらずに床に溜まることでだんだんと黒ずんできます。石鹸カスという汚れは特にやっかいで、水道水に含まれるマグネシウムなどのミネラル成分が体を洗う石鹸の成分と結びついて生じ黒ずみとなって床に付着します。普段のお掃除では、この石鹸カスをいかにコントロールするかが鍵になります。

黒ずみを予防する方法その1:クエン酸

軽度の石鹸カスなら、クエン酸で掃除するのがおすすめです。他の汚れもそうですが、掃除のコツは汚れの性質を知って対処すること。石鹸カスはアルカリ性の汚れですから、酸性のもので対処するのが効果的です。クエン酸は薬局などで安価で販売されています。

クエン酸小さじ半分程度、水100㎖に薄めてクエン酸水を作ります。しっかり塗布できるよう、キッチンペーパーなどを床に敷き詰めて、その上からクエン酸水をまんべんなく振りかけます。蒸発しないようラップを載せておくとさらに効果が高まります。そのまま数時間放置してから水でよく流します。

黒ずみを予防する方法その2:サンポール

サンポールのような酸性の洗剤も黒ずみに聞くとされています。手順はクエン酸水と同じです。クエン酸水で効き目が弱いなと感じたら、こちらを試してみて下さい。洗浄効果がクエン酸水より高いので、換気と長時間の放置には気をつけましょう。

黒ずみを予防する方法その3:入浴後すぐに掃除する

楽に掃除するコツは、汚れが固まらないうちに片付けてしまうことです。浴室であれば、掃除の最大のチャンスは入浴直後。まだ浴室内が温かいので石鹸カスや湯垢が柔らかく、よく落ちます。柔らかいスポンジなどで床やパッキン、四隅に残った石鹸カスをかき集めて流します。汚れを流す排水溝も忘れずに掃除しましょう。

黒ずみを予防する方法その4:仕上げにクエン酸水を使う

すでに付着してしまった石鹸カスを除去するときに使うクエン酸水は、黒ずみの予防にも役に立ちます。入浴後汚れを流し終えたら、クエン酸水を床一面にまきます。このときはキッチンペーパーやラップは必要ありません。数十分放置したら、軽くこすり洗いをし、水で十分流します。毎日これを行うと、汚れが蓄積することなく除去されるので、黒ずみをかなり防止することができます。

 

おわりに

床の黒ずみは、気がついたときにはしつこい汚れになっていて、掃除が大変になることが多いものです。面積も広いので、できるだけ汚れを溜めないことがポイント。クエン酸水は簡単に作れますので、スプレーボトルに入れて常備しておくのもよいでしょう。お風呂上がりのひと手間が、掃除を格段に楽にします。面倒くさがりな人ほど毎日掃除、がポイントです。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。