こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。一日の疲れを癒す楽しいバスタイム。ほっと一息、たっぷり張ったお湯に浸かって…でも、見えないところに雑菌がいっぱいなのをご存知でしょうか?一見きれいそうに見えて、実は結構汚れているのが浴室。どんな菌がいるか知っておきましょう。

 

代表的なのはカビ

お風呂場にいる雑菌の代表格はカビ。カビは4つの条件がすべて揃ったときに繁殖します。これらが揃ってしまうのがお風呂場。だからお風呂場にカビが生えやすいのです。

・温度…20~30℃(特に25℃~28℃)
・湿度…60%以上
・汚れ
・酸素

私たちが管理できるのは酸素以外の3要素。これらが一つでも欠ければカビは生えないので、温度・湿度・汚れの管理が大事になります。

 

ピンクぬめりは酵母菌

お風呂場の床やおけ、椅子などにピンク色の汚れがつくことがあります。これはロドルトラと呼ばれている酵母菌です。体の垢や髪の毛を栄養にして増え、繁殖力も強い菌なので、いったん落としてもエサがあればまたすぐ繁殖してしまう厄介な菌です。菌が出す分泌物のためにピンク色に見えます。こすればピンク色はすぐに落とせますが、繁殖をおさえるにはエタノールでの除菌が効果的です。

 

バスタブのお湯には雑菌がいっぱい

毎日沸かしたてのお湯でも、実は大腸菌やブドウ球菌、レジオネラ菌などがいます。これらの細菌のすみかは給湯器とバスタブをつなぐ配管。入浴時に出る湯垢を栄養にして繁殖し、お湯を沸かしたときにお湯と一緒にバスタブへ流れてきます。きれいなお湯もバスタブに出てくるまでに汚染されてしまうというわけです。

 

換気扇も要注意

換気扇もダクト部分にカビが生えていることがあります。換気扇の奥で掃除もしにくいので、気がついたらかなり汚れていたというケースが多いです。換気扇が吸い込んだほこりが湿気て、そこにカビが生えます。せっかく換気してもカビをバラまいてしまうことになるので、注意が必要です。

 

菌を繁殖させないことが大事

いろいろな菌がいますが、重要なのは繁殖させないことです。カビは胞子をバラまいてどんどん増えますから、見つけたらカビ取り剤(塩素系漂白剤)でこまめに取り除きましょう。ピンクぬめりは、そこに汚れが溜まっている合図ですから、見つけたら掃除のタイミングだと言えます。お風呂のお湯は配管を定期的に掃除するようにします。

また繁殖しないような予防も大切です。次のようなことを心がけましょう。普段のちょっとした心がけで雑菌の量はかなり違ってきます。

・入浴後は3時間以上換気扇をかけて浴室内を乾燥させる
・お湯が張ってあるときは蓋を閉めておく
・入浴した後はバスタブのお湯を払う
・入浴後にシャワーで水をかけて浴室内の温度を下げる

 

おわりに

こんなに菌がいっぱいだったなんて!とショックを受けている人がいるかもしれませんが、これが現実です。これらを100%除菌することは不可能ですし、健康な人であれば多少の菌は問題ありませんから安心しましょう。こんないろいろな雑菌が多いということを知って、こまめな掃除を心がけていきましょう。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。