こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。一日の終わりにゆっくり寛ぐバスタイム。きれいなお風呂に入りたいと、毎日がんばって掃除しているのに、ふとバスタブから見上げたら天井にカビが!なんてことがありませんか。見落としがちな浴室の天井掃除について、今日はお伝えしたいと思います。

 

天井のカビがお風呂場のカビの元凶かも?

ご存知の通り、カビは胞子で増殖します。一つカビの胞子があれば、それからどんどん増えていってしまいます。特にお風呂場は湿度、室温ともにカビが育つのに絶好の場所。天井のカビを放置すると、そこから胞子が巻き散らかされ、床にも壁にもカビが広がる原因になってしまいます。お風呂のカビは、見つけたら即退治!がポイントです。

まずは水で拭いてみる

生えたばかりのカビであれば水拭きできれいに取れます。まずは水拭きして、それで落ちればこんなに楽なことはありません。

ダメなら洗剤塗布。ただし気をつけて

水でこすってみても落ちないカビの場合は、床やゴムパッキンと同じように市販のカビ取り剤を使いましょう。このとき、天井に直接スプレーしてしまうと、アルカリ性の洗剤が目や口に入ってとても危険です。そこで、フローリングワイパーのような柄の長いモップを使用するようにします。先にスポンジがついたお風呂用の長いモップも市販されています。洗剤が垂れ落ちない程に控えめに洗剤を付けて、そっと下からカビに押し当てます。こすらなくても大丈夫です。10分程度モップを固定しておき、そのあとカビを水拭きします。

モップを固定しにくい場合は、キッチンペーパーとラップで天井に洗剤パックをします。キッチンペーパーに漂白剤を浸して天井に貼付けたら、その上にラップをしておきます。ラップの四隅をテープで軽くとめておけばキッチンペーパーもラップも落ちません。やはり10分程度そのままおいておき、水拭きします。

より安全な消毒用アルコールで拭いてみる

消毒用アルコールでもカビを落とすことができます。薬局などで市販されていエタノールをカビ取り洗剤と同じ要領で使います。アルコールは変色するケースもあるので、端のほうで試してから実行しましょう。エタノールにはカビの再発生を防ぐ作用もあります。床についた赤いぬめりを除去・予防するのにも使えるので、一本持っておくと便利です。

カビが生えない工夫をする

天井のカビ取りは高所で上を向いてしなければならないので、できるだけ予防するのが賢明です。そのためにまず大事なのは、浴室の換気と温度管理です。カビは湿気と暖気を好みます。入浴後は換気扇を24時間かけ、乾燥する冬場はドアを開けておきましょう。フローリングワイパーやモップがあれば、湯上がりにさっと天井や壁を一拭きしておくのも良いことです。

最近では、天井に貼付けるタイプの防カビ剤もいろいろ出ています。これだけで完全に予防できるわけではありませんが、効果は高いようです。貼るだけで手間要らずなので、一度使ってみると良いかもしれません。バイオで予防するタイプのものもあり、小さな子がいる家庭でも安心です。

 

おわりに

カビの胞子は一カ所にあれば、環境次第でどんどん増えていきます。せっかくの入浴タイムなのに、頭の上にカビが生えているなんて気持ちのいいものではありません。コツを抑えて安全に天井掃除を行いましょう。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。