こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お掃除上手な人でも、なかなか悩ましいのが水回りのお掃除です。毎日使うところなので汚れがたまりやすいことに加えて、水回り独特の汚れは落としにくいものが多いものです。今回は、ユニットバスに焦点を当てて、上手な掃除方法についてアドバイスしたいと思います。

 

ユニットバスにつく汚れの正体を知っておこう

お風呂につく汚れは一種類ではありません。実は、次のようないろいろな汚れが集まっています。

・ヌルヌルする水垢
・カビ
・石鹸カス
・水道水のカルキ
・カルシウム汚れ(水道水と石鹸カス、皮脂汚れなどが反応した汚れ)
・ホコリ

いずれも異なる性質をもった汚れなので、性質に合った方法で掃除しないと除去できません。これがお風呂掃除を難しくしている理由です。

ポイントは、水垢などお風呂周りの汚れはアルカリ性であること。ですから、落とすには酸性の成分がよいことになります。オススメはクエン酸です。

次に、汚れを部位別に分けて効率よい掃除方法をまとめてみます。汚れをつきにくくする方法も記しますので、参考にしてみてください。

掃除場所その1:床

床は面積が広く水分が多いので汚れやすく、汚れが目立ちやすいところです。一番の対策は、入浴したらしっかり水気を切っておくこと。「使ったその日のうちに」が掃除の鉄則です。ブラシなどでこすり洗いをして、石鹸カスや皮脂カスをきれいにし、水で流したら乾燥させるのがポイントです。しつこい汚れにはクエン酸塗布で対処しましょう。

掃除場所その2:バス小物

シャンプー・リンスのボトルは、床につけないで水を切ることで汚れが防止できます。使用したらきれいに洗い、シェルフなどに入れて床に直接つかないようにし、乾かします。風呂桶や椅子も同じで、なるべく乾きやすように配置します。汚れがついてしまったら、クエン酸を使ってこすり落とします。

掃除場所その3:壁、天井

天井や壁は長い柄のブラシでこすります。カビが生えている場合は、カビ取り材を塗布して洗い流します。このとき、くれぐれも目に入らないよう注意しましょう。予防策としては、掃除をしたら水分をふきアルコールスプレーしておくのがおすすめです。また、カビは高温多湿の環境で繁殖するので、入浴したら水をかけたりドアを開けたりしてバス内の温度を下げることも掃除を楽にできるでしょう。

掃除場所その4:鏡

鏡のうろこ汚れは、頑固な汚れの代表格です。この汚れはアルカリ性なので、酸性のもので落としていきます。粉末のクエン酸を薄めに溶かした溶液を作り、キッチンペーパーなどの上から塗布してしばらく置いた後、流します。さらに頑固なうろこ汚れには研磨スポンジを使うといいでしょう。

掃除場所その5:排水溝

排水口の汚れはパイプクリーナーを使うのが一番効果があります。効果が強いので、薬剤を入れたまま何時間も放置しないようにしましょう。また効果は弱くなりますが、クエン酸でも掃除できます。排水溝に汚れを溜めないためには、排水溝ネットを使うこと。詰まりの防止にもなります。

 

おわりに

ユニットバス掃除のポイントは、入浴したら浴室がまだ温かく湿っているうちに、その日の汚れを落としてしまうことと、よく乾燥させることです。汚れ落としには、主に酸性の洗剤を使うのがポイント。汚れの性質を知って、テキパキ掃除をしましょう。

 

*いいね!でクリーニングスタジオの最新情報をお届けします。