こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂は毎日使うところなので、水垢も毎日溜まります。しかし、この水垢がとてもやっかい!掃除しにくいのでいつのまにか溜まってしまい頑固な汚れになってしまうことも少なくありません。水垢をさっと掃除できる方法はないのでしょうか?

 

水垢の正体は・・・

お風呂に生じる汚れにはいろいろなものがあります。水垢は水道水のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分や、カルキ(水道水に含まれ石灰成分)などが原因で起こる汚れです。白くざらついた汚れがつくのが特徴です。水で発生するのですが、水では落ちません。

ちなみに、「湯垢」というものもあります。湯垢は皮脂汚れや石鹸カスが残ったものです。また、床につくピンクぬめりですが、こちらは皮脂を栄養にして増えるロドトルラという酵母です。これがあると、浴室に汚れがたまっている証拠なので、まずこれがないかチェックしてみてください。

 

掃除のコツは、すぐに水気をふく

水垢掃除の極意は、実はこれです。すでに付いてしまっている水垢にはこれだけでは効きませんので、磨いてこすりとる必要がありますが、水垢をきれいに落とした後の掃除方法は、実はこれだけです。水垢は水分によって作られるので、水分を残さないようにするのが効果的な掃除になります。

お風呂上がりに体を拭いたタオルで、ささっと蛇口やガラスを一拭きするだけ。普通のタオルでも構いませんが、マイクロファイバークロスならさらに手軽に水分を除去できます。ポイントは毎日行うこと。うっかり数日掃除しないでいると、あっというまに水垢は溜まってしまいます。

とにかく水分を残さない。これが水垢掃除のポイントです。

 

頑固汚れにはクエン酸水

すでについてしまった水垢を落とす場合は洗剤やクレンザーが必要です。アルカリ性なので、落とすには酸性の洗剤が効きます。浴室用合成洗剤でももちろんいいですが、安いものを使いたいという場合はクエン酸水の手作りがおすすめです。水100mlに対してクエン酸(粉末)を小さじ二分の一くらい溶かします。濃度は好みで調節できます。スプレーボトルに入れて浴室に常備しておけば、いつでも気になったときにシュシュッとスプレーして掃除できます。

使う際のポイントは、塗布するときにキッチンペーパーやラップを使うこと。塗布はむらができやすく流れやすいので、汚れをキッチンペーパーなどで覆い、その上からクエン酸水を塗布してまんべんなく湿らせます。これだけでもいいのですが、さらにラップをすれば蒸発も防げます。1しばらくそのままの状態にしてから、はがして水を流します。本当は1時間くらい置くとよく落ちますが、毎日行うなら数分でも効果はあります。新しい水垢がつかないようにしつつ、すでについた水垢を少しずつ落としていきます。

 

さらに即効性を求めるならアルミホイル

鏡の水垢はアルミホイルを使って落とすこともできます。丸めたアルミホイルに水をかけて、鏡をそっとこすっていきます。アルミホイルよりも鏡の方が強度がありますが、傷がつかないか確かめながら、少しずつ磨いていきましょう。黒い液体が流れてきたら、水垢が取れています。

 

おわりに

水垢は放置するとどんどん頑固な汚れになってしまいます。ですから、毎日数分でいいので、お風呂上がりに掃除する時間を設けましょう。すでについてしまった水垢は、クエン酸やアルミホイルで落としましょう。