こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂場掃除で見逃しがちなのが換気扇です。湿度が高くなる浴室は他の場所以上に換気が重要ですから、換気扇もしっかり掃除しておきたいものです。高い位置にあるので何だか面倒くさそうな換気扇掃除ですが、コツをおさえれば簡単に掃除できます。

 

換気扇掃除をしないとどうなる?

もし換気扇を掃除しないで放置しておくと、どうなってしまうのでしょうか。

・換気扇カバーにホコリが詰まって換気ができなくなる
・入浴時に発生する水分の逃げ道がなくなり、カビが生えやすくなってしまう
・換気扇を回しているときの音が大きくなる
・ファンに積もったホコリが入浴中に上から落ちてくる
・換気扇が故障しやすくなる

浴室のホコリは湿り気を帯びているのできちんと掃除をしないで放置すると、浴室の環境が悪くなり、換気扇の寿命も短くなってしまいます。

 

お風呂の換気扇掃除が面倒なワケ

換気扇の掃除が面倒に感じるのは、換気扇が手入れしにくい構造になってるからです。多くの浴室では、天井に埋め込み型のシロッコファンが使われています。

換気扇のカバーを外すと、シロッコファンという羽根が回転する部分があります。換気扇掃除をする際には、カバー部分だけでなくこのファンの部分も掃除しなければなりません。羽根部分は複雑な構造になっているので掃除機ではホコリを取りきれず、ブラシや雑巾で一枚一枚羽根を拭いていくことになります。さらに、天井埋め込みタイプでは仰向けに作業をしなければならず、足場の安定を確保して掃除する必要があります。掃除が面倒だと感じるのも無理はありません。

 

ファンの掃除の仕方とホコリの予防方法

大変な換気扇掃除ですが、次のような点をおさえて行うと比較的楽に掃除ができますので、試してみてください。

1.準備

掃除する際には感電しないよう、まず電源を切ります。水や洗剤をかけるのは感電と故障のもとになりますから厳禁です。洗剤は台所洗剤(中性洗剤)を使い、タワシではなくスポンジや布で傷がつかないように洗います。

2.ファンの掃除

カバーを外したら、シロッコファンの内部を中性洗剤をふくませたスポンジや布で一枚ずつ拭いていきます。ホコリが多い場合は上から落ちてきて吸い込む危険性があるので、最初にざっと掃除機をかけてから拭くようにしましょう。全部の羽根を拭き終えたら、換気扇を作動させて羽根を乾燥させます。

3.掃除の頻度

ファンの部分は取り外せないので、ホコリを溜めてしまうと、掃除がとても大変な作業になってしまいます。シロッコファンはできれば3ヶ月に1度くらいは掃除したいですが、普段からホコリを溜めない工夫をすることが掃除を楽にする最大の方法です。

4.カバーで汚れをシャットアウト

ファンにホコリを溜めない方法は2つ、汚れが軽いうちにこまめに掃除しておくことと、カバー部分でホコリをシャットアウトすることです。カバーに貼付けて使えるフィルターを使うと、換気機能を維持しつつ、ホコリはフィルターが吸い取ってくれるので換気扇内に入るホコリの量を少なくできます。

 

おわりに

浴室の換気扇掃除は、取り外しができないファンタイプ多いのでなかなか大変です。要点をおさえて掃除し、普段からホコリを溜めないような工夫をしておくことが大事です。