こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。お風呂掃除って嫌になっちゃう…という人がよくおっしゃるのが「何を使って掃除すればいいのか分からない」という疑問です。確かに、巷にはいろいろな掃除道具が出回っているので迷うのも無理はありません。そこで今日は、お風呂用洗剤のおすすめセットを5つご紹介します。

1. すでについてしまったカビにはカビ取り剤セット

用意するもの:塩素系カビ取り剤、浴室用洗剤

カビ取り剤は、すでに付着してしまったカビを落とすのに使います。ついてしまったカビはもう専用洗剤で除去するしかありません。塩素系洗剤なので換気に注意し、目に入ると危険なので高い位置には使わないでください。軽い汚れは浴室用洗剤でも落ちますし、カビ取り剤の効果を高めるためにも、まず浴室用洗剤で軽く掃除をすることをおすすめします。その後で取りきれないカビ汚れに塩素系カビ取り剤を使うと効果的です。

2. 床のヌルヌルにはエタノールセット

用意するもの:エタノール、スプレーボトル

エタノールは、お風呂場の床のぬめり落としに使います。赤いぬめり汚れは酵母菌が繁殖したもので、放っておくとカビの温床にもなります。菌なので薬局で販売している消毒用エタノールを使うと濃度が濃いので効果も高くなります。どんどん増えていく菌なので、気がついたらこまめにスプレーしましょう。湯上がりにシュッとひと吹きしておくのも良い方法です。

3. 蛇口の水垢にはクエン酸セット

用意するもの:クエン酸、水、スプレーボトル、キッチンペーパー、ラップ、スポンジ

クエン酸水は、水道の蛇口についた白いカルシウム汚れを落とすのに使います。アルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が効果を発揮します。

薬局で買ってきたクエン酸を水に溶かしてクエン酸水を作ります。分量は水200mlにクエン酸こさじ1/2〜1杯程度です。これを汚れが気になるところにスプレーし1時間程度放置します。クエン酸を汚れに密着させるため、キッチンペーパーやラップをすると効果的です。

4. 排水口やしつこい水垢には重曹セット

用意するもの:重曹、水、スポンジ、スプレーボトル

重曹は天然のクレンザーとして使えます。頑固な水垢などを研磨して落とすのに使います。重曹の使い方は3つ、重曹粉をそのまま振りかける、水で練ってペースト状にする、水で薄めてスプレーするといった方法があります。重曹ペーストは重曹:水を2:1で混ぜたものをスポンジにつけて汚れを磨いていきます。重曹水は水200mlに重曹を大さじ2程度加えます。

なお汚れ落ちをもう少し強めたい場合は、水ではなく酢を使う方法もあります。消臭効果もあるので、掃除した後はさっぱりした感じがするのも重曹の良い点です。

5. お気に入りの掃除グッズも揃えましょう

お掃除は「やらなきゃ」と義務感でやると本当に退屈です。毎日必要だからこそ、楽しく継続できるような工夫をしましょう。可愛いかたちのバススポンジや、花柄デザインがきれいなスプレーボトルなどいろいろな掃除グッズを集め、可愛いケースに入れて収納します。きっと毎日の掃除が楽しくなりますよ。

 

おわりに

お風呂にはいろいろな種類の汚れがあるので、それに対応できる掃除セットを用意しておくと毎日の掃除がスムーズになります。気になる汚れを見つけたら、さっと取り出して掃除する。これだけで汚れはかなり減らせるはずです。好きな掃除グッズも揃えて、ぜひ楽しいお掃除タイムを作ってください。