こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。引越しをしたら、引越先のお風呂の汚れや臭いが気になったことはありませんか?これから使うというのに、気持ちがよくないものですよね。今回は、こんなときは一体どうしたらいいのか調べてみました。

 

汚れ・臭いの原因は、排水溝とカビ・雑菌

前の人が退去した後にハウスクリーニングが入っているはずですが、それでも汚れや臭いが残っていることがあります。また、臭いは夜よりも朝、からっとした日よりも湿気が多い天気の日に気になることが多いようです。

お風呂の場合、臭いの発生源は排水溝とカビです。排水口に汚れがたまっていませんか?見た目はきれいなお風呂でも、体の皮脂や石鹸カス、水垢、湯垢などあらゆる汚れが集まる排水溝に汚れがたまっていると、下水道のような臭いが発生してしまいます。また、お風呂の汚れ・臭い源としてはカビと雑菌も考えられます。

ポイントは、臭いや汚れは見えない部分に多く潜んでいるということ。発生源を突き止めて効果的な掃除をすることが臭いトラブルの解決策になります。

排水溝の掃除の仕方

まず、排水溝のどこが詰まっているか調べましょう。排水溝は受け皿や編み目のついたフィルターを外すと、その下に「排水トラップ」という水がたまっている部分があります。ここに水がたまるようになっているのは下水管からの臭いをシャットアウトするためですが、ここが詰まったり故障したりしていると水がたまらず、下水の強烈な臭いが逆流してきます。ですから、この部分の汚れと水の溜まり具合をチェックしてみてください。

排水溝を掃除する場合には、市販されている浴室用洗剤を使うか、重曹やクエン酸(もしくは酢)を用いて洗剤を自前で作ることもできます。重曹は弱アルカリ性なので、皮脂など酸性の汚れに効果的です。クエン酸は酸性なので、石けんカスなどのアルカリ性の汚れに効果的です。酸性・アルカリ性両方の汚れが排水溝には溜まるので、洗剤にも酸性・アルカリ性両方が必要というわけです。

使い方は、まず重曹を排水溝に降り入れた後にクエン酸水をかけます。すると泡が出てくるのでそのまま数十分置いておきます。最後にお湯できれいに流して完了です。

カビ掃除の仕方

こちらにもクエン酸(もしくは酢)が活躍します。ポイントは、カビにしっかり洗剤を密着させること。水にクエン酸(もしくは酢)を入れてよく混ぜたら、スプレーボトルに入れてまんべんなく吹きかけ、その上からキッチンペーパーなどをかけて、さらにまんべんなくスプレーします。このまま数時間放置すれば、カビがきれいに落ちてくれます。

これでも落ちない頑固なカビの場合は、市販の塩素系漂白剤を使うしかありません。この場合も薬液が垂れないようにキッチンペーパーなどを敷くとよいです。

雑菌掃除の仕方

お風呂の雑菌は主にお湯を沸かす機械とバスタブとをつなぐ配管の中で繁殖しています。お風呂を沸かすと臭いが気になるということであれば、配管に汚れが付着している可能性があります。特に、毎日入っていない方が雑菌が繁殖しやすいといわれています。

配管掃除は、市販されている専用のパイプ用クリーナーを使いましょう。驚くほど汚れが出てきてビックリするかもしれません。

 

おわりに

せっかく新居に引っ越したのに何だか臭いというのではガッカリです。諦めずに、上記の方法を試してみてください。臭いと汚れは元から絶たなくてはダメ、です。年数が経っている物件ではそうしても取れない汚れや臭いもありますが、少しでも快適に過ごせるようにしたいですね。