こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。何もしないでいたら、いつの間にか油汚れがべったり…なんてことも少なくないのがキッチンの換気扇です。使用頻度が多い家庭はもちろんのこと、うちは揚げ物は少ないから大丈夫だと思っている家庭も油断はできません。できれば触りたくない換気扇の油汚れ、上手な落とし方をお教えします。

 

うっすら程度の油汚れは温めた雑巾で拭けばOK

見た目はさほどでもなく、触ると何となくベタベタしているといった程度の油汚れなら、まだ拭き掃除が可能です。ポイントは温かい雑巾で拭くこと。冷たいまま拭いても力がいるだけで落ちません。濡らした雑巾を電子レンジで30秒前後温めるか、お湯に浸した雑巾で油を浮かせて除去します。

 

重曹スプレーと重曹ペーストで落とす

雑巾で拭いたくらいでは落とせない油汚れには、重曹を使いましょう。重曹はベーキングパウダーと同じで胃薬などにも使われている天然成分です。油との馴染みが良く、油汚れを浮かして除去してくれます。厚くなってしまった油汚れを落とすときには、割り箸にガーゼや雑巾を巻いた物を使ってこそげ落とすとよく落ちます。

使い方は3通り。

ペースト状にして使う方法

1.重曹ペーストを換気扇全体に塗ってしばらく置く
2.スポンジなどで重曹をクレンザーのように使って汚れをこそげ落とす
3.水で洗うか雑巾で拭きとる

重曹粉をそのまま振りかける方法

1.重曹粉を換気扇全体に振りかける
2.濡れた雑巾やスポンジで汚れをこする
3.水拭きする

一晩浸け置く方法

1.重曹と台所用中性洗剤を水かお湯で溶かす
2.この溶液に換気扇を一晩浸け置く
3.洗い流すか水拭きする

ごく軽い汚れなら重曹水でも落ちます。作り方は、水1ℓに対して重曹大さじ4を加えたものをスプレーボトルに入れ、汚れが気になるところに吹きかけて雑巾でこすり落としてから仕上げに水拭きします。

 

専用洗剤を使う

市販の油汚れ専用洗剤はスプレータイプが多いです。最も強力に落ちるのはアルカリ性の洗剤です。スプレーしてしばらく置けば、汚れがじわっと浮いてきて洗い流すだけでピカピカになります。

アルカリ性は肌に刺激が強いので、肌が弱い方には弱酸性の洗剤をおすすめします。多くの商品がシトラスオイルを使っており、柑橘系の香りも人気があります。アルカリ性洗剤ほどの洗浄力はありませんが、油汚れに効果があります。

 

手荒れに注意!

換気扇掃除の際は、手荒れに注意しましょう。ゴシゴシがんばって掃除をしていたら、換気扇はキレイになったけれど手はゴワゴワ…なんてことにもなりかねません。掃除のときは、ひじまである長めのゴム手袋をお忘れなく。最近では可愛い小花柄のものが100均などでも手に入ります。好みのデザインの手袋で優雅に掃除しましょう。

 

おわりに

換気扇掃除は油汚れを溜め込まないのがコツ。軽い汚れのうちに気がつけば簡単な掃除でキレイになります。換気扇フィルターなどを上手に使って油汚れが付かないように工夫するのもよいことです。頑固な汚れにはやはり専用洗剤がおすすめ。手荒れしやすいので、ゴム手袋を用意しましょう。