こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。マンションには換気ダクトという物が付いているのをご存知でしょうか。換気扇の掃除だけでも大変なのに、奥のダクトまで手が回らない!という人もいるでしょう。でも、ぜひお手入れをしておきたい箇所の一つなんです。そこで、換気ダクトの清掃方法をご紹介したいと思います。

 

マンションの換気ダクトが汚れているとこんなことに!

換気ダクトとは、室内の換気扇から排気口までをつないでいるトンネル部分のことをいいます。換気扇がある台所や浴室、トイレなどに設置されています。

換気扇の奥についているので、普段まったく掃除しないという人も多いかもしれません。しかし、汚れを放置すると次のようなトラブルが起こる可能性があります。特に、築年数10年以上のマンションにお住まいの場合は要注意です。

・換気できない
・異音がする
・ダクトが錆びついてしまい、ダンパー(風量調節装置)が使えなくなる
・室内の換気扇部分から汚れが垂れ落ちてくる
・臭いが室外に排出されず、室内にこもってしまう

 

部位別に見る汚れの種類

換気ダクトは場所によって、付着する汚れが異なります。付くのは主に、ホコリ・油・カビなどです。

◎キッチン
キッチンの換気ダクトには、料理したときの油汚れとスス汚れが付着しています。油分なのでダクト内にへばりつき、蓄積すると異臭を放つことにもなります。

◎トイレ
トイレの換気ダクトに多いのはホコリです。トイレは換気が大事なところですが、ダクトのホコリによって換気能力が弱まってしまうことがあります。

◎お風呂
お風呂の換気ダクトには、水分を含んだシケっぽいホコリが付着しています。お風呂はカビ菌も多く、ダクト内にもカビが発生する可能性があります。

 

換気ダクトの清掃方法

マンションの換気ダクトは、基本的には共用部なので、修繕積立金などマンションの管理組合が積み立てているお金で清掃をすることになります。10年に1度の大規模修繕時に行うマンションもあるようですが、5年に1回程度はできれば行うと安心です。

室内から手が届くような短いダクト部分であれば、高所や換気扇に気をつけながら自分でも清掃するとよいでしょう。割り箸に濡れたシートや雑巾を巻き付け、少しずつ汚れを取り除いていきます。ホコリやカビがたくさん落ちてくるので、マスクを付けて作業するようにしましょう。油汚れには中性洗剤を薄めたものをガーゼなどに浸して、同じように掃除します。

年数が経っているマンションの場合は、自分では除去しきれないケースが多くなります。ハウスクリーニングを行っている業者やマンションのメンテナンスを行っている業者などが換気ダクトも行っています。業者に依頼すると専門用具できれいにしてくれるほか、防カビ施工をしてもらうこともできます。

 

おわりに

換気ダクトの掃除は頻繁に行う必要はありませんが、定期的に行いたい清掃です。普段見えない部分なので汚れに気づきにくく、何かトラブルが起きてから慌てて掃除することが少なくありません。数年に一度の清掃を普段から心がけておき、トラブルを未然に防ぐようにしたいものです。