こんにちは、クリーニングスタジオスタッフの鈴木です。24時間換気システムは、室内の換気を自動で行ってくれるシステムです。スイッチを入れておけば何もしなくても強制換気してくれるので、何となくつけっ放しにして放置している人も少なくないでしょう。普段あまり気にかけない24時間換気システム、日頃の掃除は必要なのでしょうか?

 

そもそも24時間換気システムって何?

24時間換気システムは、給気口から空気の入れ替えを24時間行うシステムです。2003年からどの住宅にも設置が義務づけられました。

現在の家は気密性がとても高くなり、昔の家よりも換気が悪くなっています。また、家具に化学物質が使われることも増えているので、換気をしないとシックハウス症候群などのおそれもあります。室内の二酸化炭素濃度が高まると、頭痛や眠気が起こり、冬場に換気しない部屋で暖房器具を使うと一酸化炭素中毒の危険性もあります。24時間換気システムは住んでいる人の健康を守るため、今の住宅には必要なものといえます。

 

24時間換気システムのメリット

24時間換気システムを設置すると、次のようなメリットがあります。

・フィルターを通して空気を入れるので、自然換気よりもクリーンな空気を室内に取り込める
・室内で発生した水蒸気を戸外に出すので、結露を少なくできる
・VOC(ホルムアルデヒドなどの有機化合物)の濃度を少なくできる

 

掃除は要らない?

24時間換気システムの数々のメリットも、システムが正常に作動していればこその効果です。システムを正常に動かすには、定期的な掃除が必要になります。

換気システムは外からの空気を室内に取り入れるので、空気に含まれる粉塵や花粉、PM2.5なども一緒に吸い込んでしまいます。こうしたホコリや汚れがついたまま放置すると、24時間換気システムで計画している給排気が行われないので、住んでいる人に健康被害が起こる可能性があります。また、あまり汚れがひどくなると、システムの誤作動や故障の原因になるケースもあります。

ですから、24時間換気システムは定期的に掃除をして、いつも正常に作動するようにしておくことが大事です。

 

どうやって掃除するの?

24時間換気システムの本体は掃除ができませんし、する必要もありません。普段掃除すべきところは給気口とフィルターの部分です。掃除はさほど難しくありませんし、頻度も3ヶ月1回程度行えば十分です。

まず、書かれている手順通りにカバーを外し、フィルターを取り出します。換気扇がついているタイプは、換気扇も引っ張ると取り外しできるので外して洗います。フィルターは洗うタイプと使い捨てのタイプがあります。ホコリは歯ブラシでこするか掃除機で吸って落とし、ひどい汚れは中性洗剤を薄めたもので優しく洗います。カバー本体も外せるようなら外して洗い、外せない場合は雑巾を固く絞ったもので丁寧に拭きます。

 

おわりに

24時間換気システムの設置が法律で定められたことで、どの家でも室内の環境をよりよく保てるようになりました。ただし、換気システムのメリットも適切な手入れがあってこそです。数ヶ月に1回程度ですから、面倒がらずに行うようにしましょう。